GPS【FieldWiz】紹介映像

▼高性能・低価格GPSパフォーマンス分析システム「FieldWiz」紹介映像です。

FeildWiz研究情報

◆FieldWizと大手有名メーカーのGPSトラッキングシステムを比較した研究

FW 009.JPG

・イギリス、ブライトン大学

・直線及び方向転換を伴う移動スピードとサッカーの試合形式のトレーニングにおける総走行距離において有意な差は無かった。さらに2日間を隔てた同一テストにおいても有意差がないことから信頼性・妥当性が証明されました。

原文PDFはこちらからダウンロードできます⇒(1.34MB)

→続きを読む,

GPSトラッキングシステムFieldWiz販売開始

ヨーロッパ発、高性能・低価格GPSパフォーマンス分析システム 

FieldWiz(フィールドウィズ)新発売!

  FW ロゴ001.JPG

FW 本体001.jpgFW 002.jpg 

人工衛星から取得した時々刻々と変化する選手の位置情報を戦術分析やフィジカルトレーニングに活かすための分析システム(通称GPSシステム)は今日、世界のトップレベルのラグビー界ではトレーニングはもちろん公式戦においても既に当然のように活用されており、日本代表チームもGPSをフルに活用して昨年のワールドカップで躍進したことは有名です。

 サッカー界でもヨーロッパ各国では、150を超える強豪クラブやナショナルチームでトレーニングはもちろん、練習試合や親善試合でも既に使用されてきましたが、昨年7月、FIFAの決定によりその公式戦での使用も大会主催者に委ねられることになりました。今後GPSを活用した戦術分析やフィジカルトレーニングの効率化が大いに期待されています。

 しかし、従来のGPSシステムは1チーム分揃えるとなると軽く数百万円は下らないほどの高額で、専門のオペレータが必要となるくらいに複雑で面倒な操作を必要としました。

 

 今回弊社エスアンドシーコーポレーションが新たに取り扱いを開始したFieldWizは、複数台同時充電及びデータダウンロードに用いるドッキングステーションと心拍計を含む15名分のフルセットで150万円程度という低価格を実現しました。それでいて、スポーツトラッキング用GPSの分析精度としては十分な信頼性と妥当性のあることが研究によって確認されている10Hz精度を採用し、最大級となる56基の衛星(GPS+GLONASS)から測位データを取得し、1000Hz3軸加速度計、1000Hz3軸ジャイロスコープ、100Hz3軸地軸計との統合によりきわめて高い精度と安定性でデータを取得します。

 

 分析には特別なソフトウエアを一切必要とせず、単体でも使用可能で、WindowsでもMacでもインターネットに接続して必要な情報を入力してファイルを無料のウェブアプリケーションにアップロードすれば指定したメールアドレスにPDFレポートとエクセルデータがすぐに送信されるという超シンプルな操作で、必要にして十分な情報が手に入るという点が特徴です。複雑すぎて高額なシステムや、単にスマートフォンやタブレットでデータを見ることができるというだけで機能的に不十分な一般消費者向けの安価なシステムとは一線を画します。

 

 送信されるデータには、従来のGPSシステムを用いた分析で最も頻繁に利用されている移動距離スピード加速度といった必須の重要項目はもちろん、移動軌跡を示したヒートマップで戦術分析にも活用できるほか、心拍データとの統合により身体的負荷に関する情報も得ることが可能です。

 

 フランスラグビー協会やフランスラグビーリーグ、フランスサッカーリーグ(リーグ・アン)、スイスサッカー協会、スイスサッカーのトップリーグ(スーパーリーグ)のクラブで既に使用されており、世界で最も高精度とされ数千万円するトラッキングシステムであるLPM(Local Position Measurement)を用いた英国の大学による研究によって従来のGPSシステムに勝るとも劣らない高い信頼性と妥当性が証明されています。

 

 FieldWizの導入によって、Yo-Yoテストによるラグビーやサッカーに必要とされる間欠性持久力の評価や光電管Wittyによるトップスピードやスピード持久力等のフィジカル面の評価と合わせて、選手ひとりひとりの実際の試合中のパフォーマンスに関する情報を得ることで、今まで以上にそれらのトレーニング効率を高め、選手のモチベーションを引きだすことが可能になることは間違いありません。

 

 FieldWizの登場で、スポーツサイエンスはまた一歩現場に近づいたと言えるでしょう。

2016年2月

GPS【Field Wiz-フィールドウィズ】

Field Wiz001A.jpgFW ロゴ001.JPG

Field Wiz-フィールドウィズ-は、GPSを用いて、サッカーやラグビーなど屋外チームスポーツの戦術・フィジカルデータを取得し現場で有効活用するためのシステムです。

FW 本体002.jpg

ビブスの上背部ポケットに挿入されたわずか45gの受信器だけで、試合や練習後ただちに必要な情報を入手する

ことができ、個々の選手の活動度やコンディショニング、トレーニング成果等をより客観的、正確に把握することが

可能です。

フランスラグビー協会、スイスサッカー協会はじめ多くの組織やクラブで活用されています。

FW FB 008 アップ.jpg FW FB 011 ラグビー1.jpg

◆ GPS FieldWiz-フィールドウィズ-の特徴


• インストール不要のウェブ上アプリケーション(Windows・Mac)。

• わかりやすいインターフェイスで誰にでもすぐ使える。

• カスタマイズ可能なレポート出力(本当に必要なデータだけに素早くアクセス)。

• ピッチサイズ、プレーヤー数、試合時間と本数、選手交代など柔軟に対応。

• チーム利用に便利なドッキングステーションをご用意(なくても使用可)。

◆簡単にレポートを作成⇒メールで送信

FW レポート001.png

◆戦略・戦術データ

・ピッチ上移動ゾーン(ヒートマップ)

・ゾーン別の侵入回数と距離

FW 003.jpg 

◆フィジカルデータ

・総移動距離

・スピード帯域別走行距離(例:>時速18~20km、>時速20~25km 設定可能)

・加速と減速の大きさ(m/s2)と回数

・心拍データによる代謝的負荷

・スピード(最大および平均)

 

▼ドッキングステーション

FW FB 015 ドッキングステーション2.jpg

複数台の本体から一気にデータをUSBメモリに転送したり、本体を全て同時に充電できます。チームでの使用にオススメです。

FW FB 003 ドッキングステーション.jpg


▼Suported by

FW チームロゴ001.JPG

クイックスタートガイドを見る

FieldWiz仕様・価格はこちらから

FieldWizのお問い合わせE-mail⇒担当:望月 mochizuki@sandcplanning.com

FieldWiz-操作ガイド1-データ取得

FW ロゴ001.JPG

デバイスの充電

・付属のUSBケーブルで充電してください。充電が完了するとLEDが点滅します。

・フルに充電された状態では10時間連続使用が可能です。

 

ゲームやトレーニングを開始する前に

・デバイスのボタンを1秒間長押しすると、グリーンLEDがゆっくり点滅を開始します。早く点滅し始めたらGPSを受信完了です。

FW QS001.png

・GPSとの接続を確認後、ベストの後部ポケットに図のような向きで挿入します。↓

FW QS002.png

・デバイス番号と選手の背番号(氏名)を確認します。(誰が何番のデバイスを使っているかは記録しておきます)

・ゲームまたはトレーニングの正確な開始時刻と終了時刻を記録。

・途中交代の場合はそのプレーヤーの正確なピッチ入場・退場時刻を記録。

 

・前半終了時刻またはトレーニング中断時刻を正確に記録。

・後半開始時刻またはトレーニング再開時刻を正確に記録。

・3本目や4本目のゲームがある場合もその開始と終了時刻を記録しておきます。

※試合中・トレーニング中はデバイスの操作は必要ありません。時刻をメモなどに記録しておくだけです。

 

ゲームやトレーニングが終わったら

・ボタンを素早く3回連続で押してデバイスの電源を切ります。(LEDが消灯します)

FW QS003.png

 

取得データのPCへのダウンロード

・デバイス単体で1個ずつダウンロードするには付属のUSBケーブルでPCに接続します。

・ドッキングステーションを用いる場合はスロットに全てのデバイスを挿入し、マニュアルに示された手順でUSBにデータを保存した後、USBをPCに接続します。

FW QS004.png

 

続き:操作ガイド2-情報入力

FieldWiz-操作ガイド2-情報入力

ウェブへのデータアップロード


URL http://upload.fieldwiz.com にアクセスします。

・図のようなNEW GAMEというウインドウが開きます。

NewGAME.png


・Team Name入力する(例:KYOTO FC)

・分析したいゲームやトレーニングの日付と開始時刻を入力する。カレンダーや時計の横のスペースをクリックして日付や時刻を選択・変更してください。

・FieldWiz Game Data File(s) のSelect File(s) to uploadをクリックするとPCのエクスプローラが開きますので、接続されたデバイス、またはドッキングステーションからデータを保存したUSBスティックにアクセスし、00.FWZというファイルを選択します。

・Sendボタンをクリックすると、データがアップロードされNextボタンがあらわれますのでクリックして次に進みます。


ゲームまたはトレーニング情報とピッチの指定

・Game Nameを入力 (例 Training match VS Kyoto FC 2016.2.9)。

・SportからSoccerまたはRugbyを選択する(ピッチのラインデザインや分析項目に反映されます)。

・Game Type欄でGameかTrainingを選択します(Gameにしないとヒートマップは表示されません)。

 

・図のようなマップが表示されますので、適宜拡大・移動し、コーナーフラッグをドラッグして正確に位置を決めて下さい。

FW QS005.png

完成するとこのようになります。

FW QS006.png

・Game Periods名を入力します(例 1st half、2nd halfなど、特に指定しない場合はそのままPeriod1、Period2で構いません)。Trainingの場合は、Warm-upやSprint Interval等と入力して下さい。

FW 情報入力001.png

・+Add PeriodをクリックしてPeriodを追加することができます。

・そのピリオドの開始時刻と終了時刻を指定します。

・Xボタンでピリオドを削除できます。

 

プレーヤー情報の入力

・デバイスの番号を確かめてそのデバイスを使用したPlayerのNumberとFirst Name Last Nameを入力します。

・Roleの欄にポジションを指定します。既存のものから選択することもできますし、直接別のポジション名や役割名を入力することもできます。

・Playedにチェックマークを入れます(デフォルトで入っています)。

・青いカーソルをドラッグしてそのプレーヤーのプレーした時間を正確に指定して下さい。

・バーをドラッグするとバーの下に時刻が表示され、バーの上にはプレー時間が表示されます。

・Periodで例えば前半の終了時刻と後半の開始終了時刻を入力しておけば、ハーフタイムは自動的にBreakとして認識されています

・途中交代の場合、そのプレーヤーがピッチに入った時刻とピッチから出た(試合が終わった)時刻を指定して下さい。

FW 情報入力002.png

↑ この例では#0のデバイスをつけた背番号11の美浦 選手が後半の開始から終了までプレーした事を示しています。

※補足:個々のデバイスにプレーヤーの氏名とポジションを直接入力しておくこともできます。それにより、アップロード時に必要なプレーヤーの情報が自動的に入力されます。

 

戻る:操作ガイド1-データ取得-

続き:操作ガイド3-レポート-

FieldWizトップページ

FieldWiz-操作ガイド3-レポート

データ送信

Saveボタンを押すと、「Update success Game modification saved successfully!」という緑色の表示が出ますので、レポートを受取りたいメールアドレスを入れてSend Reportボタンを押します。

FW QS007 SUCCESS.png

FW QS008.png

・Your report is being generated. Please wait…という青色の表示が出た後しばらくすると、Report sent Your report is being generated. You will receive it in a few minutes.という緑色の表示が出ます。

FW QS009.png

FW QS010.png

FW QS011.png

・このような赤色のエラーメッセージが出た時は、日付やピリオドの開始と終了時刻が間違っている可能性がありますので、再度確認してもう一度Saveからやり直してください。

・同時に指定したメールアドレスには「レポート作成時にエラーが発生した」というメールが届きます。これは無視してかまいません。


・データ送信が正しく終了すると下記のようなメールが届きます。

PDFエクセルのレポートが添付されています。

・メールに記載されているURLを開くと再度データアップロードのページにアクセスできますので、レポート内容を変更したい場合はここから修正し、もう一度データ送信からやり直すことができます。

FW QS012.png

注意:デバイス内のファイル00.FWZは、次のデータ収集前に削除するか、別のところに保存して下さい。複数データを保存する場合、拡張子の前の番号を01,02,03・・・とうように変更して下さい。

 

ゲームレポートPDFサンプル

プレーヤー別の出場・退場時間一覧

移動距離、加速/減速回数、スプリント回数、トップスピード、平均スピード

試合全体および前半・後半別(3本以上の場合はさらに追加されます)

FW QS013.png

個人別レポート


FW QS015.JPG


前へ戻る:操作ガイド2-情報入力-

FieldWizトップページ

FieldWiz 操作ガイド動画

▼FieldWiz PC Webサイト操作ガイド動画

FieldWizトップページ

・ウェブへのデータアップロードはこちら⇒http://upload.fieldwiz.com

FieldWiz-仕様・価格

FW 005.jpg

FieldWiz-フィールドウィズ-仕様

FW 本体001.jpgFW B001.png

 

• GPS : 10Hz, 56衛星 チャンネル受信

• 加速度計 : 3軸 1kHz, ±16G, 16-bit 

• ジャイロスコープ : 3軸 1kHz 

• 地軸計 : 3軸 100Hz 

• 通信方法: USB & Bluetooth

• 連続バッテリー駆動時間: 15 時間

• サイズ : 65mm x 65mm x 15mm

• 質量 : 45 グラム

• 30台同時充電とデータ同期のためのドッキングステーション

• 統計処理及び域値のユーザーカスタマイズ

 

FW 006-3価格.JPG

※デバイス一台から使用可能です。

FW FB 030 FieldWiz.jpg

GPS FieldWizトップページ

FieldWizのお問い合わせE-mail⇒担当:望月 mochizuki@sandcplanning.com

GPSトラッキングシステム FieldWiz Q&A

FieldWiz フィールドウィズ Q&A

FW 本体002.jpg

Q. 公式戦で使用することは可能ですか?

ラグビーではすでに公式戦での使用が認められ、日本を含め、世界各国のほぼすべてのトップリーグのチームが使用しています。サッカーでは2015年5月に、世界中の国で適用されるルールを決定する国際サッカー評議会(FIAB)において、GPSを用いた試合中のパフォーマンスデータ取得が正式に認められたのを受けて、同年7月FIFAはこうした装置の導入を各大会の主催者に委ねることを決定しています。すでに2015年U-20 世界選手権や女子ワールドカップでの使用実績があります。日本国内の公式戦での使用は今後の日本サッカー協会の決定に委ねられますが、練習試合での使用は自由です。既にヨーロッパでは100チーム以上のトップクラブがスタジアムでのゲームで積極的に活用しています。

 

Q. 豪雨の中でも使用できますか?

激しい雨の中での試合や、猛暑の中での大量の発汗時でも全く問題なく使用可能なことが確かめられています。 

 

Q. FieldWizの着用はプレイの邪魔になりませんか?

GPS装置それ自体、世界中のトップチームで当然のように用いられています。FieldWiz

は、すでにフランスラグビーやスイスサッカーのトップリーグのプレイヤーによって試され済です。心拍センサーも上背部に装着するためサッカーでの胸によるボールコントロールにも全く影響しません。3回連続クリックでの電源オフのため、ラグビーのスクラムやモールの中で停止してしまうこともありません。

 

Q. これまでの高額なGPS機器と何が違うのですか?

これまでのGPS機器はリアルタイムトラッキングや生データの解析など数々のすばらしい高度な機能を持っていますが複雑で専門のオペレータが必要になるものがほとんどです。また非常に高額で1チーム分を揃えるとなると安くても数百万円を下りません。ですので裕福なプロチームや企業からの潤沢な財政サポートのあるクラブを除いて導入することは極めて困難でした。FieldWizは、テクノロジーの面ではこれらの高額機器に引けを取らない精度を備えつつ、単体でも無料のウェブアプリケーションを用いて誰にでも本当に必要とする情報にすぐにアクセスできる使いやすさと、プレイヤー個人や予算の限られたチームであっても導入可能な価格が特徴です。

 

Q. 他のGPS機器とどのようなテクノロジーで同レベル以上だと言えるのですか?

FieldWizは、地球上の位置を人工衛星で測位するための現存するシステムのほぼすべてに相当する56基(アメリカとロシア)の衛星を用いていますので少数の衛星しか用いない他のシステムに比べて高い安定性と信頼性を示しています。ピッチ上でのわずか50pの位置変化を1秒間に10回の頻度(10Hz)で取得しますので他の5Hzのシステムに比べてスプリント回数や加速度や移動距離の妥当性がより高く、10Hzシステムは、現在最も正確な情報が取得できるということが研究によっても確かめられています。また、15Hzを用いているシステムも現存しますが、15Hzが10Hzに対して優位性がないことも最新の研究で認められています。

・Vincent et al., The validity and reliability of global positioning system in team sport: Brief review, J. Aust. Strength Cond. 22(5) 186-190, 2014.

・Johnstone et al., Validity and Interunit reliability of 10Hz and 15Hz GPS unit for assessing athlete movement demands, JSCR, 28(6), 1649-1655, 2014.

 

Q. シューズにセンサーを埋め込んで測定するシステムと何が違うのですか?

基本的に用いているテクノロジーが違います。シューズに埋め込むシステムは加速度計によって移動距離、スピードそして加速度の情報を提供してくれます。しかしフィールド上のどの位置でそれが行われたのかという情報は提供できません。FieldWizは加速度計、ジャイロスコープ、地軸計に加えて、GPSテクノロジーを採用していますので加速度計だけで得られる情報よりも安定的でより正確なデータを取得できるだけでなく、ヒートマップや新バージョンで近日中にリリースされる2Dリプレイアニメーション機能に対応できます。

 

Q.フィールドウィズの信頼性・妥当性は証明されていますか?

イギリスのブライトン大学の最新の研究により、既知の直線及び方向転換を伴う移動スピードとサッカーの試合形式のトレーニングにおける総走行距離において、FieldWizは広く普及している他社製GPSと比較して、有意な差がないこと、さらに、2日間を隔てた同一テストにおいても有意差がないことからその妥当性と信頼性が科学的に証明されました。

従来の高額なシステムと比較してもデータの正確性に遜色のないことがこの度新たに示されたことを受け止め、今後とも低価・高性能GPSシステムの提供とより柔軟で利便性の高いサービスを続けてまいります。

Field Wizフォトギャラリー

▼GPS FieldWizフォトギャラリー

FW FB 030 FieldWiz.jpg FW FB 003 ドッキングステーション.jpgFW 本体002.jpg  FW FB 015 ドッキングステーション2.jpg  FW FB 004 使用準備.jpgFW レポート001.png

FW FB 020 雑誌.jpg FW FB 017 ビブス2.jpg

FW 研究001.JPG

▼サッカー・ラグビーでの使用風景

FW FB 005 選手A.jpg FW FB 008 アップ.jpg

FW FB 006 ゴール運搬.jpg FW FB 028 選手B.jpgFW FB 009 コーチ.jpg FW FB 011 ラグビー1.jpg FW FB 013 ラグビー キック.jpg

FW 研究002.JPG

▲このページのトップに戻る