トレーニング=測定

▼S&Cトレーニングムービー

「トレーニング=測定、測定=トレーニング」がどういうことかを見て頂くことができます。

オプトジャンプを使用したスプリント計測では、一歩毎のスピード、ストライド、接地時間、ピッチなどを1000分の1秒単位で計測しています。

ジャンプ計測も同様で、ジャンプ高を接地時間で割ったRSI(バネ指数)を出すこともできます。マット式のセンサーと異なり、センサーの幅を調整できるため広い範囲で全力のジャンプ計測ができます。

タイム計測の光電管WITTYに反応センサーWITTY-SEMを追加することで、アジリティトレーニング・方向転換走などを行うことができます。競技練習の中に取り入れてより実践的なトレーニングでのデータを取得することも可能です。

パワー計測デバイスを用いてのウエイトトレーニングでは、挙上スピードをモニタリングする「VBT」を行うことができます。スピードを基準とすることで、日々のコンディションや、トレーニング目的にフィットした使用重量を間違いなく選択することができます。

PUSH

【PUSH】

▼PUSH紹介映像(1)

▼PUSH紹介映像(2)

 

▼Velocity Based Training(VBT)

 

▼RSI(反応筋力-バネ指数)ジャンプ測定

GymAware

▼GymAware CM

▼オールブラックス(ラグビーニュージーランド代表) スピードトレーニングセッション

▼ロス・プーマス(ラグビーアルゼンチン代表) パワースクワット

 

▼スクワットジャンプ32.5kg Mean Power

▼プッシュプレス20kg Mean Power

▼スクワットジャンプ20kg Peak Velocity

 

▼デッドリフト175kg×3Rep×8Set

 

▼スクワット 295lbs(約133kg)

▼パワーリフティング高重量トレーニング (平均スピードをモニタリング)

▼ポートアデレードFCのトレーニングセッション

Optojump Next

▼Optojump Next実際の使用風景

▼ハードル連続ジャンプ

▼各種測定(シングルレッグホップ、スキージャンプ、マーチインプレイスなど)

▼スティフネステスト(連続ホップ)

▼ハードル Lolo Jones選手の測定

 

▼OptojumpNext 紹介映像

▼サッカーフィールドでの計測

▼5DOT DRILL

WITTY

▼光電管WITTY、反応アジリティ計測WITTY-SEM 使用ムービー

 

▼光電管WITTYとWITTY-SEMのチェンジディレクション(方向転換)テストを組み合わせたサッカーシュート練習

 

▼WITTY SEM

▼イベント使用(sweat50)50mスプリントタイムトライアル

 

▼使用風景 直線スプリント、各種競技用アジリティテスト他

▼変則シャトルラン・10mスプリント・垂直とび(Yard Stick)

Yo-Yoテスト

▼オールブラックスのYo-Yoテストの風景。

 

▼Intermittent Endurance Test Level2

 

▲このページのトップに戻る