トレーニングで追い込むことは必要?

Failure*まで追い込まないと強くなれないとまだ信じていませんか?


*Failure = それ以上反復できなくなる状態。俗に言う「つぶれる」状態のこと。


【VBT vs Failureまで追い込むトレーニングの比較研究】

Pseudo et al. Effect of Different Pushing Speeds on Bench Press, Int J Sports Med, 33(5), 2012


被験者;レジスタンストレーニング経験の豊富な(18-19年)20名の被験者(平均年齢42歳)

 

Failure001.JPG

Failure002.JPG

トレーニング中の筋活動(筋電図):VBT群はFailure群に比べて三角筋で22.8%、上腕三頭筋で202.9%、上腕二頭筋で49.59%、大胸筋で7.31%大きな活動


◆ この研究結果から

わずか3週間でもモーターユニットの発火頻度、リクリートメント、同期化のいずれかまたはそれらの全てがVBTにより活性化したと考えられ、遅い速度でFailureまで反復するよりも少ない反復回数で効率良く大きな筋力向上が可能となったことをしめしています。

VBTトレーニングは、2010、2011年にはニュージーランドのプロラグビー選手、そして2010、2014、2015年にはスペインのプロサッカー選手とユース選手を対象とした研究でその効果がすでに確かめられています。

 

関連記事:筋肥大トレーニング及びボディビルディングにおけるPUSH活用法

関連機器:PUSHGymAware

VBT徹底ガイドブック無料PDF


▲このページのトップに戻る