Yo-Yoテスト

Yo-Yoテストは3種類の持久力を測定する

世界中で実施されている、スタンダードな持久力評価方法です。

Yo-Yoロゴ.JPG

 

スポーツでは競技・種目によって必要な持久力は異なります。
休み無く長い距離を走る全身持久力
動きの中で短い休息が含まれる間欠性持久力
短い休息でスピードを回復させる間欠性回復力
あなたの競技種目に本当に必要なのは、どの能力ですか。


◆ Yo-Yoテストとは?
 
 シグナル音に合わせて20mの往復走を繰り返す、シャトルラン形式の持久力測定テストです。
 連続で走り続けるテストのみでなく、1往復ごとに休息を設けてより競技に近い持久力を測定するテストを選ぶ事もできます。 
 レベルが上がるにつれてシグナル音の間隔が短くなっていき、音に遅れることなくゴールできた回数で評価します。「簡単に」「短時間で」「多人数を同時に」テストを行うことが出来るため、日本国内でもサッカーを中心に、広く導入されています。
 テスト実施に必要なのは距離計測メジャー、マーカー、CDデッキ、記録用紙のみです。多人数を同時に短時間で測定できます。
→測定の様子はこちら(動画)

  • YO-YO 持久力テスト(Yo-Yo Endurance Test)
Yo-YoコースE.JPG
長時間連続で動く能力を評価します。このテストは 長距離走など持久的な運動を行う選手に対して 役立ちます。科学的根拠を元にしてテスト結果から 最大酸素摂取量を推定することもできます。
  • YO-YO 間欠性持久力テスト(Intermittent endurance-Test)
Yo-YoコースIE.JPG
 5秒の短い休息を挟んでインターバル走を行います。
このテストはテニス、ハンドボール、バスケットボール、
サッカーといった動きの中で休息が含まれるような
運動を行う選手に対して役立ちます。
  • YO-YO 間欠性回復力テスト(Intermittent recovery-Test)
Yo-YoコースIR.JPG10秒間の短い休息を挟んでインターバル走を行います。
このテストはバドミントン、サッカー、バスケットボール、
アイスホッケー、フットボール、野球のような短い休息で
激しい運動を行う選手に対して役立ちます。
YO-YOテスト3種類の中で最もよく行われているテストです。
 

◆ Yo-Yoテストを導入することによってのメリットには次のようなものがあります。
YOYO0001.JPG
・ 高速ダッシュを短い休息を挟んでどれだけ繰り返せるかという、球技などの競技場面で必要な能力を知ることができる(間欠性回復力テスト)
・ 脱落した選手も2本に1本のペースで走り続けることでトレーニングとして使用できる
・ 日々のトレーニングとして行うことで、データが蓄積できる。
・ 心拍数計測と組み合わせることで、オールアウトしなくてもコンディションをチェックできる(詳しい方法は書籍にて掲載)
・ 短い時間で効率良く、競技に生きる「走り込み」ができる
・ サッカーの各競技レベルのデータと比較できる(データは書籍に掲載)
・ エンデュランステストで最大酸素摂取量を推定できる

→ ご購入はこちら

→ マニュアル・記録用紙はこちら

 

Yo-Yoテストトップページ

S&Cトップページ

 

▲このページのトップに戻る