S&Cのコンセプト

特徴1

トレーニング=測定、測定=トレーニング

測定はできるだけ頻繁に行うことで微妙な変化をとらえることができ、大きな傾向を把握することが可能となりますが、測定のためだけに時間をとられ、トレーニング時間が確保できないのでは本末転倒です。弊社の提案する測定システムは、測定それ自体がそのままトレーニングとなり、トレーニングがそのままデータの取得となるように構成することが可能です。

特徴2

リアルタイム・フィードバック

測定結果が何日も、何週間もたってから選手やコーチに知らされてもすでに選手やチームの状況は変化しています。ご提案する機器類は、測定結果がその場で確認でき、しかも過去のものと比較できることで、すぐにコンディショニング状態を把握でき、トレーニングに対するモチベーションを喚起することができます。 

個別性

スポーツパフォーマンスの改善やフィットネスレベルの向上のためのトレーニングは、集団に対して全員に同じことを要求するのではなく、最終的には全て個別性の原理に基づいて行われるべきものです。弊社の取り扱うシステムには、選手ひとりひとり、クライアント個人の特性を浮き彫りにし、個別のトレーニング課題を提示し、トレーニングによる改善状態が効率よく管理できるようなソフトウエアが用意されています。

簡便性

1年に1回や2回の測定では、その日のコンディションや他の条件によって結果は大きく変動しますから、トレーニング効果を正しく確認することはできません。変化の幅をとらえたり微妙なトレーニング効果をとらえるためにはできるだけ頻繁に測定を行うことが必要です。しかし、機器のセッティングやデータの取得に毎回大きな労力を要するようでは頻繁に測定を行うことはできません。弊社の提供する機器類は基本的にメンテナンスフリーでいつでもどこでも簡単にセッティングとデータ取得が可能です。

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る